中村 絢 (ナカムラジュン)

1993年(平成5年)、美保関出身の母と竹矢出身の父の間に生まれる。
島根県松江市美保関町北浦で育ち、千酌小学校卒業、美保関中学校卒業、松江東高校(27期)卒業、防衛大学校(61期)卒業。

防衛大学校卒業後は、海上自衛隊へ任官し、階級三等海尉で退官。その間、訓練で世界一周を経験。

退官後は、地元選出国会議員秘書として、国の舵取りの場を知り、ふるさと島根の今後の歩むべき道を模索中。

中村じゅんの酌小学校時代

民宿の次男坊、将来の夢は獣神サンダーライガーでした。

中村じゅんの防衛大学校時代

防大4学年の中央観閲式にて、小隊指揮官としてサーベルを握りました。

学歴

〇 千酌小学校

(野球部 副キャプテン)

〇 美保関中学校

(野球部 副主将)

〇 松江東高校

(弓道部 主将-個人団体中国大会出場)

〇 防衛大学校(理工学部機械システム工学科 ボクシング部)

(学生長として1個中隊を指揮)

(卒業論文:君主論)

(卒業研究:自動運転システム)


職歴

〇 海上自衛官

アジア、中東、ヨーロッパ、アメリカの10カ国に帰港。世界の安全保障環境を学ぶとともに、人々との交流を通し各国の歴史、文化、価値観、宗教観などに直に触れる。

<退官時階級:三等海尉>


〇 地元参議院議員 秘書

国会議員秘書の経験を通して、島根県の実情を知り、様々な制度活用の原理を学びました。

県の発展、ひいては国の発展のために、今取り組まなくてはならないことが明確になりました。


中村じゅんの酌小学校時代

サウジアラビア入港時、日本大使館にて。

中村じゅんの防衛大学校時代

国会議員秘書として代理にて挨拶させていただいた際のもの。

中村じゅんの酌小学校時代

仕事終わりの夕刻から日をまたぐまでイカ釣り漁に従事しました。

中村じゅんの防衛大学校時代

鳥獣被害対策に従事。その難しさを実感しています。

活動

〇 漁 師

地元の漁師さんの引退に伴い、漁船を地域の若者有志で買い上げ、漁業に従事しています。


〇 鳥獣被害対策実施隊

地域の人々が、自らの地域を守らずして誰が守ってくれるでしょうか。「地域は、地域にくらす我々が守るんだ」という気概で取り組んでいます。

猟友会 鹿島部会所属


〇 予備自衛官

自衛隊退官後も、この国の力になりたいとの思いで、階級三等陸尉にて、予備自衛官の辞令をお受けいたしました。


経歴・所属

〇 島根県ボクシング連盟 理事

〇 まつえ北商工会青年部 常任委員

〇 自衛官募集相談員

〇 松江盆栽同好会 会員

〇 美保関町北浦観光協会 役員

〇 美保関スナッパーズ(社会人野球)

〇 北浦消防団 団員


中村じゅんの酌小学校時代

地元消防団活動でのワンショット。若者で地域を守ります

中村じゅんの防衛大学校時代

大学時代にボクシングを始め、県の理事としても活動させていただいてます。

中村じゅんの酌小学校時代

高校の同級生だった妻と結婚。二人で島根半島の田舎暮らしを楽しんでいます。

中村じゅんの防衛大学校時代

昔からの仲間と今でも自然遊びを満喫しています。

家族・趣味

〇 家 族

・妻と二人ぐらし

・ハムスター1匹

・にわとり3匹

〇 趣味

・畑

・船釣り

・観光

・野草茶づくり

・窯でのピザ焼き

・ボクシング

・盆栽

・野球